アイドルと自己改善と大学生活と・・・

好きなアイドルや、読んだ本、自己改善の方法や大学生活のことに関する記事を書いています.

寒いとiPhoneの電源が急に落ちる? その原因と予防法を紹介

こんにちは 

 

 

いや〜

最近はもうすっかり寒くなってきましたね

 

そういえば、寒いとiPhoneの充電の消費がが早くなるのってご存知ですか⁇

 

自分も、スマホを使用していて駅では充電が60%あったはずなのに、寒い中自転車をこいで大学について確認したら20%ということがありました。

 

また、充電は表示だと余っているのに使っていると充電が急に落ちてしまう こともあるらしいです

 

 

今回は寒いとなぜiPhoneの電源が落ちてしまうのかについて説明したいと思います。  

 

 

 

iPhoneの動作可能温度

 

まず、iPhoneの動作可能温度について説明します

 

どうやらiPhoneには動作可能温度という物が有り、Appleのホームページには

iOS デバイスは周囲の温度が 0° ~ 35℃ の場所でお使いください。低温下や高温下では温度調整のためにデバイスの動作が変化することがあります。動作温度を下回る極端な低温下で iOS デバイスを使うと、バッテリーの消耗が早くなったりデバイスの電源が切れたりすることがあります。 デバイスは -20º ~ 45℃ の場所に保管してください。駐車中の車内は高温になることがあるので、デバイスを車内に置いたまま放置しないでください。Appleサポート

という記載があります。  

 

 

寒いととどうなる?

 

ではなぜ、寒いところだとiPhoneの充電の消耗は激しいのでしょうか⁇

 

それはiPhoneに使っているバッテリーに原因があります

 

iPhoneのバッテリーにはリチウムイオンバッテリーという物を使用しているのですが、そもそも充電式のバッテリーは全て消耗品で化学的経年劣化が進むにつれて性能が低下していき充電可能な容量の低下が起ります

 

 症状としては、

  • 充電の減りが早い
  • 急に電源が落ちる

といったことがあります。

 

その対処方法としては、

  • シリコンや皮製品の熱伝導性の低いケースに入れて、iPhoneから熱が逃げないようにする
  • 寒い外ではできる限り取り出さない

があります  

 

間違っても、iPhoneが冷たいからと言ってドライヤーなどで急激に暖めると画面の割れや内部に水滴が発生することによって最悪壊れてしまうので気を付けましょう。  

 

まあ、そんなことする人いないですよね😑

 

 

逆に暑すぎると?

 

それでは逆に、使用温度が高い場合はどうなるのでしょうか⁇

 

デバイスが熱くなりすぎた場合

  • 充電 (ワイヤレス充電も含む) が遅くなる、停止する。
  • ディスプレイが暗くなる、
  • またはディスプレイに何も表示されなくなる

以上ような現象が起こることがあります。

 

 

また温度が高くなると

 

以上のような温度警告メッセージが表示されます。  

 

この画面が表示されたら本体の電源を切って涼しい場所に移し、冷ましましょう  

 

自分も前に、一度なったことがあり焦りました😓

 

 

 充電をしながらの使用もNG

 

これは、経験ある人が多いと思いますがスマホを充電しながら使用すると本体が熱くなりますよね。

 

その熱がバッテリーに悪影響を与えることになりバッテリーの寿命低下につながってしまいます。  

 

なので、充電をしながらの使用は控えましょう

 

 

充電の減りが早いな?と思ったら寿命確認を

 

嬉しいことに今のiPhoneには、バッテリーの状態を表示してバッテリーの交換が必要な場合は警告をしてくれる機能がついたそうです。

 

設定→バッテリー→バッテリーの状態

から見ることが出来ます。  

 

充電の消耗がはやいなと思ったら

一度確認してみましょう。  

 

 

最後に

 

今回は、スマホのパフォーマンスを低下させる原因とその予防法について説明しました。

 

いままで、「なんで、寒いとスマホの電源が落ちるんだ?」と疑問だった方もこれで理解していただけたと思います。  

 

自分は今のところ、ケースなどを使用せずにスマホを使用しているため今後はケースに入れて使用したり寒い外ではあまり使用しないようにしたいと思います。  

 

ケースを買うのはいいけど、

まず、このバキバキな画面を修理せねば・・・

 

ではまた