アイドルと自己改善と大学生活と・・・

好きなアイドルや、読んだ本、自己改善の方法や大学生活のことに関する記事を書いています.

Inventor3Dでパーツを作成する方法を紹介

こんにちは

 

今回は、Inventor3Dの起動方法〜パーツの作成方法について説明したいと思います

 

 

ちなみに、Inventor3Dのインストール方法はこちらで紹介しています。

 

 

www.ackkey.xyz

 

 

 

 

f:id:morningchang:20191015003740p:plain

 今回は、こちらのようなパイプ同士を組み立てた(Assembly、Assyと呼びます)ものを作るための前段階として、

 

2本のパイプそれぞれの、作成方法を紹介したいと思います。

 

 

 

まず、ソフトを起動させます

 

すると

 

f:id:morningchang:20191015003750p:plain

 

こちらのような画面が表示されます

 

それぞれ、

  • パーツ:ボルトやナットなど部品単体をつくります。
  • アッセンブリ:パーツで作ったものを、このデータで組み立てを行います。
  • 図面:つくったパーツ・アッセンブリを図面に起こします。
  • プレゼンテーション:アッセンブリデータがどのように動くかをアニメーションで表示させることができます。

を表しています。

 

f:id:morningchang:20191015003756p:plain

 

今回は、パーツを作成するのでパーツを選択します

 

 

f:id:morningchang:20191015003802p:plain

すると、こちらのような画面が現れ

 

f:id:morningchang:20191015003811p:plain

 

左上のボタンをクリックすると、

 

f:id:morningchang:20191015003822p:plain

 

こちらのように平面が現れます

 

f:id:morningchang:20191015003833p:plain

 

スケッチする面を選択すると

 

 

f:id:morningchang:20191015003842p:plain

 

こちらのように、2次元スケッチをする画面になります

 

f:id:morningchang:20191015003851p:plain

 

今回は、パイプを作るので

 

f:id:morningchang:20191015003902p:plain

 

 図中の青くなっている箇所をクリックして、円を作成します。

 

f:id:morningchang:20191015003911p:plain

 

Tabキーを押すことで、どこを中心に円を書くのかを決定できます。

 

f:id:morningchang:20191015003921p:plain

 

中心を決めてEnterで確定したら、

次に、円の外径寸法に数値を入力します。

 

 

f:id:morningchang:20191015003930p:plain

 

同様に内径も書くと、パイプ断面が出来上がります

 

f:id:morningchang:20191015003940p:plain

 

これでスケッチは終了なので

スケッチを終了(図中の緑のチェックマーク)をクリックします

 

f:id:morningchang:20191015003949p:plain

 

f:id:morningchang:20191015004000p:plain

次に、押し出しをクリックすると

 

f:id:morningchang:20191015004011p:plain

 

こちらのような画面になるので

 

f:id:morningchang:20191015004021p:plain

 

  • 押し出すスケッチ
  • 長さ
  • 方向

を選択します

 

f:id:morningchang:20191015004031p:plain

 

f:id:morningchang:20191015004040p:plain

 

すると、こちらのようにパイプができます

 

f:id:morningchang:20191015004050p:plain

 

これだけだと、材料を指定していないため指定します

 

f:id:morningchang:20191015004100p:plain

 

「一般」と書かれているボタンをクリックすると、

 

f:id:morningchang:20191015004109p:plain

 

こちらのように、リストが表示されるので

その中から材料を選択します。

 

今後、使用していく中で自分が使いたい材料がない場合もありますが

追加することができるのでそれは又の機会に記事で書こうと思います。

 

f:id:morningchang:20191015004118p:plain

 

材料を決定すると、このようになります

 

f:id:morningchang:20191015004129p:plain

 

ちなみに、パーツの表面の色も変えることができ

 

f:id:morningchang:20191015004150p:plain

 

色を変える断面を選択して、

 

f:id:morningchang:20191015004139p:plain

 

「半つや出し(現在の表面の名称)」をクリックして、

 

f:id:morningchang:20191015004201p:plain

 

色を選択すると、

 

f:id:morningchang:20191015004210p:plain

 

このように色を変えることができます

  

f:id:morningchang:20191015004232p:plain

 

これが一番大事な作業で、

ここまでデータを作ったとしても保存しなかったら意味がないので

 

しっかりと保存しましょう

 

f:id:morningchang:20191015004240p:plain

 

今作ったパイプは、断面が

  • 外径:25.4
  • 肉厚:1.2

なので、今回は「Φ25.4 t1.2」という名前にしました。

 

 

自分の場合は、データが消えるのが恐ろしすぎて

最初の画面でパーツを選択した直後に保存をしています

 

f:id:morningchang:20191015004248p:plain

 

さて、次に断面形状が異なるもう一つのパイプを作るわけですが

 

また、パーツを開いていちいちスケッチするのは面倒なので

 

f:id:morningchang:20191015004258p:plain

 

名前をつけて保存で、これから作るパーツの、名前で保存します

 

f:id:morningchang:20191015004307p:plain

 

次に作るパイプは、断面が

  • 外径:28.0
  • 肉厚:1.0

なので、今回は「Φ28.0 t1.0」という名前にしました。

 

f:id:morningchang:20191015004314p:plain

 

f:id:morningchang:20191015004325p:plain

 

その後、スケッチをダブルクリックすると

寸法を編集することができます。

 

 

f:id:morningchang:20191015004334p:plain

 

 

f:id:morningchang:20191015004345p:plain

 

そこで、変えたい寸法をダブルクリックすると

 

f:id:morningchang:20191015004400p:plain

 

こちらのように寸法を変えることができます

 

f:id:morningchang:20191015004410p:plain

 

f:id:morningchang:20191015004419p:plain

 

内径、外径をそれぞれ26.0、28.0に変更したら

スケッチを終了(図中の緑のチェックマーク)をクリックすることで

 

f:id:morningchang:20191015004429p:plain

 

パイプの完成です

 

f:id:morningchang:20191015004438p:plain

 

一応、径の寸法を測ってみましょう。

 

f:id:morningchang:20191015004446p:plain

 

右クリックをすると、メニューの中に「計測」と呼ばれる項目があるので

それを選択します。

 

f:id:morningchang:20191015004455p:plain

 

そして、計測した箇所をクリックすることで寸法を計測することができます。

 

f:id:morningchang:20191015004504p:plain

 

しっかりと描けている方が分かったと思います。

 

f:id:morningchang:20191015004512p:plain

 

次に、左のパーツ内容のリストから

 

  1. original横の↓マーク
  2. YZPlane

の順にクリックして、

 

f:id:morningchang:20191015004522p:plain

 

その面で、スケッチを行います。

 

f:id:morningchang:20191015004532p:plain

 

先ほど、長さ100で押し出しを行ったので

 

f:id:morningchang:20191015004558p:plain

 

f:id:morningchang:20191015004607p:plain

 

その中心の50のところで外径25.4の円を書きます。

 

f:id:morningchang:20191015004615p:plain

 

そして、先ほどと同様押し出しを行いますが

今回は材料の切り抜きを行うため

 

f:id:morningchang:20191015004624p:plain

 

f:id:morningchang:20191015004633p:plain

 

こちらのように、切り抜きを選択してOKをクリックします。

 

f:id:morningchang:20191015004643p:plain

 

すると、こちらのようにパイプの側面に穴が空いた形状を作ることができました。

 

 

今回は、Assembly(組み立て)データを作る際の前段階としての

パイプのデータ作成を行いました。

 

次の記事では、これらのパーツを使って

f:id:morningchang:20191015003740p:plain

 

こちらのデータを作る方法を紹介したいと思います。