アイドルと自己改善と大学生活と・・・

好きなアイドルや、読んだ本、自己改善の方法や大学生活のことに関する記事を書いています.

「金持ち父さん、貧乏父さん」を読んだので紹介

こんにちは

 

今回は、金持ち父さんと貧乏父さん

という本を読んだので紹介しようと思います

 

f:id:morningchang:20191012174604j:image

 

 

 

 

 

金持ち父さん、貧乏父さん

 

この本には、

 

「多くの人は、お金のために働いているがお金持ちの人はお金に働かせている」という言葉が書かれています

 

 

皆さんの中に、お金があれば幸せになれる

 

と考えている人は多いのではないでしょうか

確かに、お金があれば美味しいものを食べたり

いい治療を受けることができるのでこの考えは否定しません

 

お金があれば、そうでない人を助けることもできますからね

 

 

つまり、お金がない人はその「お金がない」という状況に恐怖するのでお金を稼いで幸せになろうとします

 

 

しかし、お金をたくさん稼いだとしてもそのお金が無くなってしまうことに枚以上の恐怖を抱いてしまうという

 

お金がないことによる恐怖を紛らわそうとお金を稼ぐのになぜか前以上に不安になってしまうのです

 

 

貧乏人とお金持ちを分けるのは、

お金持ちが、お金を稼ぐための前段階を大切にするのに対してそうでないひとは、その前段階を重要視していないという点にあります

 

 

例えば、大きな建物を建てるためには基礎をしっかりとしていないと駄目ですよね

 

このように大きな富を築こうと考えたらその前準備をしっかりとしなければなりません

 

ちなみにここでいう前段階というのは、

 

お金に関する数字などを理解するためのファイナンシャルリテラシーの能力のことです

 

一般の人は、通常の文章のリテラシー(読み書き)をすることはできるが、ファイナンシャルリテラシーの理解がある人は少ないため

この知識がある人とない人では大きな違いが出てきてしまいます

 

この能力は、ただ数字を理解すればいいというわけではなくその数字を読んで

 

金がどのように流れて行っているのかを理解することが大切です

 

 

 

負債ではなく資産を手に入れる

 

 

 

本書には、 お金持ちになるための秘訣として

「負債ではなく資産を手に入れる」という言葉が書かれています

 

 

金持ちは資産を手に入れているのに対して、

中流以下の人は、負債を手に入れてそれを試算だと思い込んでいます

 

どういうことかというと、

金持ちの人は、先ほど言ったように

 

ファイナンシャルリテラシーの知識を事前に学んでいるため、お金の流れをしっかり把握することができるのに対して

 

そうでない人は、お金の流れを理解していないため本来は負債になるであろう項目も資産と誤認しているということです

 

 

また、

  • 資産は私のポケットにお金を入れてくる
  • 負債は私のポケットからお金を取っていく

ということも言え

→お金持ちになりたかったら資産を買うべし

 

ということです

 

 

 

 

貧乏な人とお金持ちの人のお金の流れ方は異なる

 

貧乏な人とお金持ちの人のお金の流れ方は異なると言われています

 

だから、貧乏な人が急にお金をたくさん得られるチャンスを得られたとしても

 

もともとのお金の使い方(流れ)が悪いので、正しく使うことができずにすぐにお金が無くなる(元の状態より悪くなる可能性もある)という状況になってしまうのです

 

なるほど、確かにどんなにいい道具(たくさんのお金)を手に入れてもしっかりと使い方をわかっていなければ怪我する(もとの状況より悪くなる)危険性もありますからね

 

 

どうやってお金を稼ぐか<どうやってお金を管理するか

 

当然ながら、

収入は、すべて自分のものになるのではなく税金や保険料などといった理由で他人の懐に入ってしまいます

 

なので、働いた分がそのまま自分の利益になる(管理する)方法を学ばなくてはなりません

 

こういった理由から、

どうやってお金を稼ぐか⁇<どうやってお金を管理するか⁇

 

が大切になってきます

 

 

その方法として、

  • 音楽、書籍の著作権

などなど、紹介されていますが

これからどれに取り組むとしても

 

自分が好きで、続けていけるものを

選びましょう

 

 

最後に

 

今回は、

金持ち父さん、貧乏父さんという本を読んでその内容を紹介しました 

 

 

この本を読むことで、お金に関する知識がないと

 

将来、お金に関することで苦労することを学びました

 

確かに今まで自分は、「お金持ちになりたい」と考えることがあっても

 

そのために、お金に関する知識を身につけようとは思いませんでした

 

 

なので、とりあえずお金に関する知識を学び

知らないことによる損を受けることがないようにしていこうと思います