アイドルと自己改善と大学生活と・・・

好きなアイドルや、読んだ本、自己改善の方法や大学生活のことに関する記事を書いています.

1万時間の法則という法則があるらしい

こんにちは

 

今回は、自分が最近知った「1万時間の法則」という法則について

紹介したいと思います。  

 

 

 

1万時間の法則とは?

f:id:morningchang:20190601204403j:plain

1万時間の法則というのは、

「特定の分野で世界的な一流になりたいのであれば

それには1万時間の練習や実践が必要だ」  

 

という、イギリスの哲学者のマルコム・グラドウェル氏が提唱した法則です.

 

何日頑張れば、1万時間を達成できる?

もし、1日の全ての時間を何かを達成するために使ったとしましょう.

その場合でも、1日24時間で1年と51日かかると言われています.  

 

 

1日全ての時間を使うのは現実的ではないので

1日6時間費やしたとすると

 

4年半かかります.

 

正しい頑張りをしよう

自分が考える努力

自分は、「頑張って努力しよう」という言葉に違和感を覚えています.

 

なぜなら、努力というのは物事が成功した後に

その行ってきたことを努力と呼ぶと思っているからです.

 

なので

✕頑張って努力をしよう

〇(成功した人に対して)あの人は、頑張って努力をした  

 

というような使い方が自分の中で納得しています.

 

 

「頑張って努力をした」と言うために

まあ、そもそも何かを1万時間続けることができる人はすでに

  • 継続するための力
  • その1万時間の過程で自分に合うやり方を見つけている

と思います.

 

  ちなみに、マイクロソフト社のビルゲイツも

「一つのことに1万時間費やせばその分野にずば抜けて強くなる」という人もいるが、私はそんなに単純だとは思わない。 実際には50時間を費やした後、90%が脱落する。 好きになれない、向いていないという理由でだ。 そしてさらに50時間費やした人の90%があきらめる。 このような普遍的なサイクルがあるんだ。 運だけでなく、続けるだけの熱意も必要だ。 1万時間費やした人は、ただ1万時間費やした人ではない。 自分で選び、さまざまな過程の中で “選ばれた人” なんだ。 ビル・ゲイツ

と言っています.

 

しかし、最初からがむしゃらにやってだんだんとやり方を身につけていくよりは

 

最初からある程度その道に詳しい人に教えを請い学んでいくことが

近道だと思います.

 

 いくら詳しい人に教えを請うと言っても自分で頑張らなければ意味ないですけどね

 

目標と計画を明確にする

目標と計画、この二つを混同してしまう人はたくさんいると思います.

 

  目標とは、「~を達成したい!!」と思っている「~」の部分、

つまりゴールを指しているのに対して  

 

計画というのは、それを達成するために何をどのようにどういった日程で

進めていくかの過程を指しています.  

 

当然ですけど、目標だけ立ててても意味ないです.

 

計画をして初めてその意味が出てきます.

この点に気を付けて目標・計画を立てましょう.

 

 

最後に

自分は今まで、何かに1万時間を費やしたことがありませんでした.

 

  しかし、ビルゲイツのように1万時間を費やして

実際に成功した人がいることを聞くと

 

自分も挑戦したくなりますよね

 

 

ちなみに、自分がこのブログに費やせる時間は最高でも1日3時間程度だと思います.

 

単純に計算して毎日6時間費やしたら4年半なので9年かかる計算ですね.

 

正直そんなに頑張り続けられるかが不安ですが・・・

 

なので、ブログ仲間を増やしてモチベーションを維持していけるようにしたいと

思います。

 

 9年後このブログがまだある(成功している)ように頑張っていきます.  

ずっと見守ってください!!